BLOG

ゆるハウス

f:id:miwako-yoshida:20120727114316j:image

写真は羊毛断熱材です。

高性能グラスウールより、大体倍ぐらいの値段ではあるんですが、

建物内部の湿気を吸収して、貯めて、また吐き出すというものです。

ですから、壁の仕上げがビニールクロスなんかだと、あまり意味がなくて、

漆喰などの塗り壁、紙やパルプの仕上げだと、すごく生きて来ますね。

夏の暑ーい時期、梅雨のべたつく時期、冬の寒ーい日、乾燥時期、

に威力発揮出来ると思います。

超ベーシックで、手触りの良い家を、【ゆるハウス】

と名付けて組み立ててる訳ですが、それを少々改良します。

長年試行錯誤してみて、これはいいよっていう物をもっと入れて、

見積もりして、家族に安心で、住み心地の良いお家を組み立てますね。

少々お待ちを~。

人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津情報へ

→よしだみわこ建築設計事務所HP

頭が煮えるほど仕事が一杯の今日この頃ですが、色んなお客さんとお話してて、需要が見込めないのは重々承知の上で、こんなのどうか?と考えたのが、【ゆるハウス】

【ゆるハウスの極意】

■ややこしい事は、住んだ後考える事にして、ざくっと作る。と言っても、面倒であれば、後で考えなくても全くOK。

■部屋としての扉も、収納としての扉も無いけど、色んなコーナーが有る。どれもこれもOPEN。

■隠したい気がしたら、好きなカーテンを付けてみる。

■開けっぴろげなので、面積は小ぶりで、断熱遮熱が利く様に、四角くて切妻大屋根。

■塗り壁と無垢床。キッチンと洗面は、シンプルなものを製作。扉無しで使い勝手重視。

■ローコスト。(1200万)

f:id:miwako-yoshida:20090822003723j:image

f:id:miwako-yoshida:20090822003720j:image

↑例えばですが。(しかし、いい加減な図面・・・)

設計の仕事は、色々先回りして提案して、話し合って、色んなケースを設定し。

それはそれで大事なんですが、自分はやはりご家族ではないから、こちらで想定したものにある程度合わせて生活してください。なんてやはり僭越すぎるし、実はもっとラフな箱を置いていきますので、ご家族の味を染み渡らせて下さい。みたいな事も良いのではないかと。

釘打つのはちょっと・・・と思わずに、どんどん打っちゃってください。と言った感じの。

掃除が行き届き、美しく片付いてるお宅は、設計者としては嬉しいです。

しかし、一方で楽しく散らかって、また好きなものに囲まれて生活されてるのも、良いなと。建築後の家が愛される形として、大切にはぐくまれる。家族の一員としてその生活を映し出して行く。どちらも良いなあ。と思うのです。

【ゆるハウス】のネーミングもかわゆい気がするのですが。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津情報へ

→よしだみわこ建築設計事務所HP